バストアップ効果が得られる豊胸術~女性らしい体に変身~

婦人

脂肪をバストに注入

カウンセリング

採取による痩身効果も

美容外科では、バストアップのための様々な整形手術がおこなわれています。その中でも特に注目を集めているのが、患者の体から脂肪を採取して、それをバストに注入するという整形手術です。バストの大部分は脂肪でできているので、その量を増やせば、物理的にバストアップさせることができます。そしてその脂肪は、もともと自身の体内に存在していたわけですから、バストはそれをすんなりと受け入れます。つまり、インプラントを挿入するタイプの整形手術と比較すると、体が拒絶反応を起こしにくいということです。その分安全性が高いということで、注目されているわけです。さらに、脂肪を採取する部位は、患者が自由に選択することができます。脂肪が多くついていれば、どこからでも採取することができるのです。それはつまり、希望する部位を細くできるということです。たとえばお腹から採取をすれば、ウエストのくびれが大きくなりますし、太ももから採取すれば、細い美脚にすることができるのです。もちろん二重顎や、たるんだ二の腕なども、解消することが可能です。このように、痩身効果を得ることができるという点も、脂肪注入によるバストアップのメリットのひとつとされています。

不純物を除去

脂肪注入による整形手術では、採取した脂肪が、そのままの状態で注入されることもあります。しかし昨今では、不純物を除去した上で注入されることが多くなっています。不純物の多くは、生命力の低下した脂肪細胞です。弱っているわけですから、注入してもバストに定着しにくく、いずれは老廃物として排出されます。また、排出されずにバスト内に残り、しこりとなってしまうこともあります。そのためあらかじめ除去してから、生命力の高い脂肪細胞のみを注入した方が、効率が良く安全性も高いと言えるのです。もちろん、除去した分だけ注入できる量が減ることになります。しかし、しっかりとバストアップさせるためには、より多くの量の脂肪を注入する必要があります。そのため不純物を除去する場合には、多めの脂肪が採取されます。もとの量が多ければ、不純物を除去しても、質の良い脂肪が多く残るからです。そして脂肪を多く採取するということは、それだけ痩身効果も高くなるということです。仮にひとつの部位から十分な量の脂肪が採取できなかった場合には、他の部位からも採取されることになります。採取すればするほど、体はスリムになりますし、その分バストの膨らみがより目立つようになるのです。

Copyright© 2016 バストアップ効果が得られる豊胸術~女性らしい体に変身~ All Rights Reserved.