バストアップ効果が得られる豊胸術~女性らしい体に変身~

婦人

具体的な方法や注意点

ドクター

バッグの挿入

美容外科では、顔を美しくする整形手術だけでなく、バストを大きくする整形手術もおこなわれています。美しい人かどうかは、顔だけで判断されるわけではありません。バストの豊かな膨らみもまた、女性を美しく見せる重要なポイントとなっているのです。美容外科で具体的にどのような方法でバストアップがおこなわれているかというと、多くの場合はバッグが挿入されます。そしてそのバッグに、生理食塩水や、ジェル状になっているシリコンが注入されるのです。注入によりバッグが膨らめば、バストアップしていくわけです。従来は、バストの形に作られた固形のシリコンが挿入されていましたが、その場合は異物感が生じやすい上、柔らかさに欠けるというデメリットがありました。しかし生理食塩水やジェル状のシリコンなら、固形ではないので、異物感が生じにくく、本来のバストに近い柔らかさになります。また、空のバッグは丸めれば小さくなります。そのためバストへの挿入の際には、皮膚を小さく切開するだけで済みます。しかも脇の方から挿入することができるので、傷跡が目立たず、整形手術を受けたということが人にはばれにくいです。こういったメリットから、現在では固形ではなくバッグが挿入されるようになっているのです。

被膜を防ぐアフターケア

ただし、いくら柔らかくても、バッグはバストにとっては異物です。そのため異物感が生じにくくても、体はバッグを異物とみなし、それを追い出そうとします。具体的には、体はバストを守るために、バッグとの間に被膜を作ります。そしてその被膜によって、バッグが内側から押されるようになるのです。これにより、バッグの位置がずれてしまうことがあります。せっかくバストアップをしても、バッグがずれることで形が歪んでは、美しくは見えません。また、被膜によってバストが硬くなるので、本来の柔らかさも失われてしまいます。そのためこの方法での整形手術を受けた後は、アフターケアに努める必要があります。具体的にどのようなアフターケアをするのかというと、まずはマッサージです。バッグとバストとを一緒にほぐすようにマッサージをすることで、これらがなじみやすくなるのです。また、超音波トリートメントを受けることでも同様の効果が得られます。さらに、被膜が作られにくくなるような薬が処方されるので、それもしっかりと飲みます。それでも被膜が作られてバストが歪んでしまった場合には、被膜を除去する整形手術を受けることができます。被膜が除去されれば、美しくバストアップした状態が保たれるようになるのです。

Copyright© 2016 バストアップ効果が得られる豊胸術~女性らしい体に変身~ All Rights Reserved.